サイトマップ

必見!中古ピアノの選び方なび » 知っておきたい人気のピアノメーカー一覧 » Schweizerstein(シュバイツァスタイン)

Schweizerstein(シュバイツァスタイン)

公開日: |更新日:

1954年、中央楽器を引き継いだ中森日出夫が松本ピアノの技術者原義信と出会い、ドイツのピアノを研究して生産を開始、後に、当時のベヒシュタイン社の影響を受けていた日本楽器(現:ヤマハ)の大石日出男が入社し、現在のシュバイツァスタインが完成したという経緯があります。

日本に優れたピアノがあると聞いて、外科医としてノーベル平和賞を受賞したアルバート・シュバイツァ博士(バッハの研究者でもあり、パイプオルガンの第一人者でもありました)が「シュバイツァスタイン」と命名しました。

シュバイツァスタインの特徴

ドイツの流れを汲む緻密な設計

冒頭にもありますが、シュバイツァスタインの設計にはドイツのピアノ技術が取り入れられています。パーツも一部ドイツ製のものや厳選された良質な部品を使用するなど、こだわりが詰まったものとなっています。

手工芸的作業で生み出されるクオリティ

熟練技術者による手工芸的作業で作成されているため、演奏者の繊細なタッチを拾う正確性を持っています。また、「歯切れの良いタッチ」「美しいひびきのある音色」と多くの演奏家からの評判もあります。

シュバイツァスタイン中古ピアノの型番をチェック!

SU150S

シュバイツァスタインでも、外装に特徴があるのがこのSU150S。

木目調でワインレッドの美しい外装を持ち、大型サイズであること、またドイツ製のパーツを一部使用しているため、繊細で豊かな迫力のあるサウンドを奏でることができます。

SU150

アンダーフェルト入りのレンナーフェルトを採用していることから、伸びのある柔らかい音色が特徴です。外装はシンプルな作りですが、木目調で明るいマホガニーが印象的です。

さらにシュバイツァスタインの特徴でもある、小物入れが低音側の拍子木に設置されていますので、演奏の際はアクセサリーなどを収納することも可能です。

200RD

艶出しされたダークマホガニーが印象的な200RD。

ドイツの伝統的な設計を踏襲し、作成された一品です。

職人の手によって丁寧に作られた限定生産品なので、量産化されたものと比較するとそのタッチや音色に品格が感じられます。

関東圏の中古ピアノ販売店BEST10
ピアノイメージ

東京からアクセス可能な中古ピアノ販売店をピックアップして紹介しています。良い中古ピアノは良い販売店にあり!ピアノの職人(専門家)が在籍する中古ピアノ販売店はどこ?

中古ピアノ販売店をチェック

名前 昭和楽器 ピアノプラザ
群馬
ピアノプラザ
野田
富士楽器
創業 1950年 1974年 1979年 1982年
修理士・調律師
の在籍
修理士
調律師
調律師 調律師 調律師
ピアノの
取扱台数
常時100台以上 約250台 常時500台 常時100台以上
公式HP

公式HP

公式HP

公式HP

公式HP

ピアノの写真

中古ピアノの購入は、高い買い物なだけに、絶対失敗できません。おすすめの販売店とともに中古ピアノの選び方を紹介します。

中古販売店の選び方を
チェック