サイトマップ

TOP » 知っておきたい人気のピアノメーカー一覧 » Seiler(ザイラー)

Seiler(ザイラー)

このページでは、Seiler(ザイラー)についての情報をまとめています。

ピアノの様々な技術革新を進めたドイツザイラー社

ザイラーのピアノメーカーとしての歴史は、創業者エドゥアルト・ザイラーが死去し、ピアノ職人として修業した兄弟のヨハネス・ザイラーが工場の技術管理を引き継いところからはじまります。

ザイラーは数多くのピアノ製作の技術革新を行い、特許を取得しました。

木材は一定量の水分を含んでおり、季節により形が変わります。寝かせたり乾燥させたりしないまま家具や楽器を作ると、湿度や温度により木材が変形し、音が歪んだり劣化しやすくなったりします。

ザイラーではピアノの材料となる木材のすべての含水率をコントロールするため、加工後1.5ヵ月程度寝かせます。これにより音の響きがさらによくなり、長期間の美しい音が保障されます。

またザイラーのピアノの特徴はその技術力です。ピアノの響きの要は、振動です。ピアノは弦だけではなく、ボディ全体が振動することによって音を豊かにします。どんなに弦を叩くアクションがよくても、響きが悪ければ音が悪くなります。

ザイラーは独自の技術により、響板を振動させ易くしました。これにより、はっきりとした遠くまで長く響く音を生み出します。

弦やハンマーにもこだわりを見せます。弦は、トップクラスのピアノに使用されているドイツのレスロー社のミュージックワイヤーを使用しています。また低音部の銅巻線は、熟練の職人が手巻きで製作しています。

ハンマーもワイヤーと同様のドイツメーカー製です。アベル社のフェルトにもこだわったハンマーは、適度な弾力と柔軟さを持ち、様々なタッチに応えてくれます。

186 Cantus

幅147cm、高さ103cm、長さが186cmのグランドピアノです。カラーは定番の黒色艶出しと、ウォールナット艶消しと、マホガニー艶出しの3種類です。透明感のあるザイラーサウンドが楽しめます。

126MP

126MPは、高さ126cmのアップライトピアノです。

一般的なメーカーのアップライトピアノは、鍵盤に入れられる鉛は、モデルが同じであればすべて同じ位置に入れられています。

ザイラー社の場合は、鍵盤の測定・均一にしたうえで、木材比重や性能の差を考慮し、それぞれ違った位置に鉛が入れられます。

天然素材である木材は、同じ大きさに切ったとしても、密度差などにより比重が1つ1つ変わります。

それぞれ違った位置に鉛を入れることで、木材の差で出がちな鍵盤それぞれのタッチの微妙な差を無くし、出来る限り均一にすることを成功しました。

この126MPも同様の手法が取り入れられており、統一されたタッチが感じられるピアノです。

関東圏の中古ピアノ販売店BEST10
ピアノイメージ

東京からアクセス可能な中古ピアノ販売店をピックアップして紹介しています。良い中古ピアノは良い販売店にあり!ピアノの職人(専門家)が在籍する中古ピアノ販売店はどこ?

中古ピアノ販売店をチェック

ピアノの写真

中古ピアノの購入は、高い買い物なだけに、絶対失敗できません。おすすめの販売店とともに中古ピアノの選び方を紹介します。

中古販売店の選び方を
チェック