一生モノの中古ピアノに出会うための選び方とは

HOME » 知っておきたい人気のピアノメーカー一覧 » 国産メーカー

国産メーカー

世界中の輸入ピアノメーカーを紹介。プロの調律師がイチオシするメーカーとは。

国産ピアノメーカーあれこれ

  • YAMAHA

ピアノ販売台数日本一(世界一とも言われる)のメーカー。

高品質を保ちながらも大量生産によるコストダウンを実現させた。

エントリーモデルから高級モデルまで幅広いクラスのピアノを製造。ハイブリッドピアノ・ステージピアノ・電子ピアノ・電子キーボードなどラインナップは多彩。

YAMAHAグランドピアノは、やや金属的で絢爛な音色が印象的。

  • KAWAI

ピアノシェア世界第2位のメーカー。1927年創業。本社は静岡県浜松市にある。

KAWAIブランドのピアノ製造以外にも、音楽教室や体育教室も手掛けている。

商品ラインアップも幅広く、Kシリーズという一般的なアップライトもあれば、クリスタルピアノという世界でも珍しいピアノの製造も行っている。(クリスタルピアノを作っているのは、KAWAIとシンメル(ドイツ)の2社だけ)

KAWAIのグランドピアノは、YAMAHAと対照的に音に厚みがあり、充満するような音色が特徴。

  • ボストン

ボストンのグランドピアノは、スタインウェイが設計し、20年ほど前よりカワイ楽器の浜松、竜洋工場で製造(つまり純然な国産)されている。

軽快なタッチと明るく力強い音色が魅力で、世界に通用するピアノとして欧米でも人気がある。

  • 大成ピアノ

東洋ピアノ、アトラスに次いで浜松にあったピアノメーカー

木製手作りメーカーとしては日本では3番目のメーカーで、木製手作りメーカーとしては三大メーカーのひとつ。

カワイの工場は大量生産のラインのみだったため、職人芸のピアノは生産できなかった。その為、カワイの記念ピアノ、特注品などは大成ピアノが作っていた

カワイがデアパソンを吸収合併した後、デアパソンは大成ピアノに製造を任せていた。

優秀なピアノ職人が大勢いて、素晴らしいピアノをたくさん世に送り出したピアノメーカーである。

製造していたのは、ドレスデン、エリントン、ブリューテ、クラウス、ゲルス&カルマン、オーガストホルスターなどが挙げられる。

  • ディアパソン

ピアノ職人の大橋幡岩が始めたピアノブランド。(大橋氏のいた頃に作られた、「ディアパソン大橋デザイン」は生産台数も少なく希少価値が高い)現在はKAWAIの別ブランドのカスタムメイドピアノの製造を行っている。

使用部品や作りを好みで選ぶことができるので、音色やタッチなど、より自分好みのピアノに仕上げてもらえる。

  • 大橋ピアノ

ディアパソンがKAWAIに合併吸収された後、大橋幡岩が立ち上げたピアノメーカー。

既に廃業したメーカーであるにもかかわらず、“天才ピアノ職人”の作った日本の誇るべきピアノとして現在も衰えない人気がある。

本物の手工芸ピアノのため量産はできなかったため、世に出回っている数は少ない。幻の名器とも言われる。

  • 東洋ピアノ

昭和23年設立。アポロのブランド名で作られていた品質の良いピアノには、根強いファンも多い

ピアノ製造のほか輸入ピアノの販売や調整なども行っている。自社サイトでも中古ピアノの在庫を掲載。スタンウェイの東海地区正規代理店

ベテランピアノ調律師に聞いた!国産の中古ピアノの名器は?

フリッツクーラー(fritz kuhla)国産ピアノで本当に良い中古ピアノとは?そんな疑問をベテラン調律師の方に伺ってみたところ、フリッツクーラー(fritz kuhlaが特にオススメだという回答をもらいました。

フリッツクーラーとは、1960~1970年代に東洋ピアノが製造していたピアノ。

国内では最も品質の良いピアノが作られていた時代に製造されたものであり、最近の新品グランドピアノよりもずっといい音色を奏でるのだとか。その音質の違いは素人でもわかる程だそうです。

高品質の木材を使い、丁寧な手作業で作られたピアノは、ヨーロッパの一流ピアノにも負けないくらい音も良く長く愛用できます。

フリッツクーラーは、ベヒシュタインやベーゼンドルファーのピアノにも引けをとらない位の名器ともいわれ、調律師さんの間でも大変評判が良いそう。なにしろ東京芸大や武蔵野音大の指定楽器だったようで、まさに日本の名品と言えるでしょう。

フリッツクーラー(fritz kuhla)のカタログ
貴重な当時のカタログを見せてもらえました

運が良ければ、どこかのショールームで出会えるかもしれません。見つけた際は、ぜひ試弾してみてくださいね。

腕の良い職人がいる中古ピアノの販売店BEST5