一生モノの中古ピアノに出会うための選び方とは

HOME » 知っておきたい人気のピアノメーカー一覧 » 海外メーカー

海外メーカー

ここでは、海外のピアノメーカーの有名どころを紹介していきたいと思います。中古ピアノの購入をお考えの方は、下記のような知識も頭に入れておくと良いと思います。

海外ピアノメーカーあれこれ

  • ベーゼンドルファー

世界三大ピアノメーカーの一つ。

1828年創業のオーストリア・ウィーンの老舗で、世界で最も古い歴史を誇る。2008年からはYAMAHAの傘下に入っている。

最低音が低いドまである、97鍵のコンサート用グランドピアノ「インペリアル」で有名。

  • ペトロフ

チェコのメーカー。伝統を守りながらピアノ制作を行っているので品質が良いうえ、ヨーロッパ製ピアノにしては生産台数が多く販売価格が抑えめなので、現在では日本でも人気がある。

高品質・良心価格を実現しているので、調律師やプロのピアニストからの評判も上々。

  • ザイラー

1849年創業のドイツのピアノメーカー。エドワード・ザイラーが創設者。透明感のある明るい音色が特徴的で、数々の賞を受賞している。

ザイラー社は、ドイツピアノ品質保証表記協会から、すべてのピアノに「品質保証シール」をつけることを認められた唯一のメーカー。

  • スタンウェイ&サンズ

米国最大のピアノメーカーで、世界3大ピアノの一つ。世界の一流ピアニストに最も弾かれているピアノとしても有名。創業は1853年。日本ではコンサートホールで出会うことの多いピアノ。

生産拠点はドイツとニューヨークの2か所にあり、材料や構成パーツなどが若干異なっているそう。ハンブルク・スタンウェイ、ニューヨーク・スタンウェイという名称で区別されている。透明感溢れる音色が特徴的。

  • ベヒシュタイン

ドイツのピアノメーカーで世界3大ピアノメーカーの一つ。「ピアノのストラディバリウス」ともいわれ、ドビュッシーやリストが愛したピアノとしても有名。

3大メーカーの中では唯一アップライトピアノにも力を入れている。

ベヒシュタインのピアノの音は、「濁りのない透明感のある音」や、「響きの強さ」「音の立ち上がりの鋭さ」が特徴とされている。

  • シンメル

ドイツの最大手ピアノメーカー。同社のブランド、Schimmel Konzert、Schimmel Classicともにドイツ製作にこだわる。他にもVogel、May berlinなどのブランドがある。

KAWAIと同様に、透明アクリル樹脂を全面に用いた「クリスタルピアノ」の製造でも有名。

  • ボールドウィン

アメリカのメーカー。元音楽教師だったD.H.ボールドウィンが、1873年に興したピアノ会社

1900年のパリで開かれた博覧会でグランプリを受賞し、1920年代には有名なメーカーとなった。

表現力が豊かな音質で、弾きやすいピアノと言われている。

腕の良い職人がいる中古ピアノの販売店BEST5

ベテラン調理師さんのイチオシは「ペトロフピアノ」

国産も海外メーカーのピアノも沢山見てきたベテラン調律師さんが「一番のおすすめ」として紹介してくれたのはペトロフのピアノです。

輸入ピアノは高価なものが多く、手の届かないものも多いのですが、ペトロフピアノは高品質なのにもかかわらず、比較的良心的な価格での販売を行っています。

そして、ピアノの製造過程もすべてチェコ国内で職人さんの手によって作られているのもポイントです。(海外メーカーの中には、中国の大手メーカーに委託生産しているところもあるようです)

ピアノの外観も華やかで美しいモデルが多く、音色も木の暖かみを感じる自然な響きなので、ひと目惚れしてしまうお客さんも多いのだとか。

注意したいのは、輸入ピアノはきちんとメンテナンスをしてくれるお店で購入することが絶対条件だということ。

購入前に、必ずショールームで実物のピアノをチェックし、良い職人さんがいるかどうかを確認するようにしましょう。