サイトマップ

TOP » 知っておきたい人気のピアノメーカー一覧

知っておきたい人気のピアノメーカー一覧

人気のピアノメーカーについての情報を、国内/海外に分けて一覧で紹介していきます。

人気の国産ピアノメーカー一覧

まず国産の人気ピアノメーカーについて、情報をチェックしていきましょう。

YAMAHA(ヤマハ)

ピアノ販売台数日本一(世界一とも言われる)のメーカー。高品質を保ちながらも大量生産によるコストダウンを実現させています。

エントリーモデルから高級モデルまで幅広いクラスのピアノを製造。ハイブリッドピアノ・ステージピアノ・電子ピアノ・電子キーボードなど、ラインナップも多彩です。またヤマハグランドピアノは、洗練された絢爛な音色が印象的。

本サイトでは人気の「UXシリーズ」と「Uシリーズ」それぞれについて、情報を深掘りしています。

ヤマハの詳細を見る

ヤマハ U1シリーズ

ヤマハ U2シリーズ

ヤマハ U3シリーズ

ヤマハ UXシリーズ

KAWAI(カワイ)

ピアノシェア世界第2位のメーカー。創業は1927年で、静岡県浜松市に本社を構えています。カワイブランドのピアノ製造以外にも、音楽教室や体育教室も手掛けている会社です。

商品ラインナップも幅広く、Kシリーズという一般的なアップライトもあれば、クリスタルピアノという世界でも珍しいピアノも製造しています(クリスタルピアノを作っているのは、カワイとシンメル(ドイツ)の2社だけ)。

カワイのグランドピアノは、ヤマハと対照的に音に厚みがあり、落ち着きのある音色が特徴と言えます。

カワイの詳細を見る

東洋ピアノ

昭和23年設立。「アポロ」のブランド名で作られている品質の良いピアノは、多くのファンを集めています。

同社はピアノ製造のほか、スタインウェイの東海地区正規代理店、輸入ピアノの販売や調整も行っています。

東洋ピアノの詳細を見る

大成ピアノ

東洋ピアノ、アトラスと同じく、浜松に本社があったピアノメーカー。木製手作りメーカーとしては日本で3番目にあたり、3大メーカーのひとつに数えられていましたが、現在は存続していない会社です。

その技術力には定評があり、大手メーカー・カワイの記念ピアノ、特注品などの製造は、大成ピアノが請け負っていたのです。

なぜなら、カワイの工場は大量生産ラインのみだったため、特別なピアノは生産できなかったからだそうです。またカワイがディアパソンを吸収合併した際も、ディアパソン製品に関しては、大成ピアノに製造を任せていたのだとか。

優秀なピアノ職人が大勢いて、素晴らしいピアノをたくさん世に送り出したメーカーです。

なお同社が製造していたピアノには、ドレスデン、エリントン、ブリューテ、クラウス、ロレックス(ROLEX)、ゲルス&カルマン、オーガストホルスター、バーンスタインなどが挙げられます。

大成ピアノの詳細を見る

ボストン

ボストンピアノは、スタインウェイピアノの第2ブランドとして創設されたもので、本家スタインウェイとは差別化を図られた汎用品としての位置付けで生産されています。

20年ほど前よりカワイ楽器の浜松・竜洋工場で製造されており、ブランドは国外のものですが、OEM製品として供給されていることから、内容としては国産となります。

手に届きやすいように、低価格帯での普及を目的としたピアノですが、通常のサイズよりも響板面積を広げるワイドテイル設計により、実際のサイズよりも一回り大きいピアノの響きを実現できます。

アクションもプラスチックを一切使わず、総木製です。反復が早い軽快なタッチと明るく力強い音色が魅力で、世界に通用するピアノとして欧米でも人気があります。

ディアパソン

ディアパソン(DIAPASON)は、現在はカワイ楽器製作所の1つのブランドとして生産されています。

ディアパソンピアノは、ピアノに生涯を捧げた大橋幡岩(おおはし はたいわ)氏が、ドイツのベヒシュタインピアノをモデルに設計・製作したピアノです。

この時代に作られた「ディアパソン大橋デザイン」の生産台数が少なかったことから、現在では希少価値が高くなっています。

ちなみにディアパソン(DIAPASON)はフランス語で「純粋な音」を意味します。

ディアパソンの特徴は、日本製でありながら、国産ピアノの持つ堅実な響きと、ヨーロピアンピアノが持つ豊かな音色を実現する独特なピアノとなっています。

ディアパソンの詳細を見る

大橋ピアノ

大橋ピアノは、ディアパソンなどの有名ピアノを製作した大橋 幡岩(おおはし はたいわ)氏が、自身の思い描くピアノを実現するために立ち上げたピアノメーカーです。現在は廃業し、ピアノも作られていません。

天然素材を使用し、熟練した職人による手作りで製作された大橋ピアノは、「和製ベヒシュタイン」と呼ばれるほど高水準のピアノです。しかし製作台数が、アップライトピアノは5000台未満、グランドピアノは50台程度と限られており、保存状態がよいものは「幻のピアノ」と呼ばれています。

もし中古店で見つけることができたら、縁を感じる機会になることでしょう。

ベテランピアノ調律師に聞いた!国産の中古ピアノの名器は?

フリッツクーラー

国産ピアノで本当に良い中古ピアノとは?そんな疑問をベテラン調律師の方に伺ってみたところ「フリッツクーラー(fritz kuhla)」が特にオススメだという回答を頂きました。

フリッツクーラーとは、1960~1970年代に東洋ピアノが製造していたピアノ。

国内で最も品質の良いピアノが作られていた時代に製造されたものであり、最近の新品グランドピアノよりも、ずっといい音色を奏でるのだとか…。その音質の違いは素人でもわかる程だそうです。

昔のピアノカタログ
※貴重な当時のカタログを見せてもらえました

高品質の木材を使い、丁寧な手作業で作られたピアノは、ヨーロッパの一流ピアノにも負けないくらい音が良く、長く愛用できます。フリッツクーラーは「ベヒシュタインやベーゼンドルファーのピアノにひけをとらない名器」ともいわれ、調律師さんの間でも大変評判が良いそう。なにしろ東京芸大や武蔵野音大の指定楽器だったようで、まさに日本の名品と言えるでしょう。

運が良ければ、どこかのショールームで出会えるかもしれません。見つけた際は、ぜひ試弾してみてくださいね。

人気の海外ピアノメーカー一覧

次に海外の人気ピアノメーカーについて、情報をチェックしていきましょう。

スタインウェイ&サンズ

ドイツのピアノメーカーで、創業は1853年。世界3大ピアノのひとつです。

世界の一流ピアニストに最も弾かれているピアノとしても有名で、日本ではコンサートホールで見かけることが多くなっています。

生産拠点はドイツとアメリカの2ヶ所にあり、材料や構成パーツなどが若干異なっているのだとか…。その違いは「ハンブルグ・スタインウェイ」と「ニューヨーク・スタインウェイ」という名称で区別されています。いずれも透明感溢れる音色が特徴的。

スタインウェイ&サンズの詳細を見る

ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファーはオーストリア・ウィーンの老舗メーカーです。スタインウェイ&サンズに劣らないほどの知名度を誇っていて、日本でも人気のあるメーカーです。

創業が1828年世界で最も古い歴史があり、全て職人の手作業でおこなわれるピアノづくりも相当なこだわりを持っています。そのため、生産台数は極端に少なく、一時は経営不振にまで陥りました。

しかし2008年、ヤマハの傘下に入ることで立て直し、今なお伝統を誇るスタイルで格式高いピアノを生産し続けています。標準の88鍵に加え、低音部を拡張した92鍵、97鍵タイプのピアノを製造していることでも有名です。

ベーゼンドルファーの詳細を見る

ペトロフ

ペトロフは1864年、音楽の国といわれるチェコで誕生した老舗メーカーです。良質な素材と色彩豊かな音色、滑らかなタッチといった文句なしのクオリティを掲げているのにも関わらず、販売価格はリーズナブル。

そして北欧風のインテリアにぴったり合ったお洒落な外装が魅力的で、古くからヨーロッパ諸国で愛されるメーカーでした。

日本でも近年は生活環境の変化が進み、ヨーロピアンな部屋のインテリアを引き立てるペトロフのピアノの人気が急上昇しています。詳細ページでは、このようなコストパフォーマンスを実現できる理由や代表的な機種などについて解説しています。

ペトロフの詳細を見る

ザイラー

1849年創業のドイツのピアノメーカーで、創設者であるエドワード・ザイラーの名が冠されています。透明感のある明るい音色が特徴的で、そのプロダクトは多くの賞を受賞しています。

ザイラーは数多くの技術革新を進め、特許を取得してきました。

木材の微妙な密度差も許さないことでタッチの均一化を追求したり、環境の変化に影響を受けない音響性能の持続化を実現するなど、技術の粋が詰め込まれています。

また同社は、ドイツピアノ品質保証表記協会から、すべてのピアノに「品質保証シール」をつけることを認められた唯一のメーカーでもあります。

ザイラーの詳細を見る

ベヒシュタイン

ドイツのピアノメーカーで、世界3大ピアノメーカーのひとつ。「ピアノのストラディバリウス」ともいわれ、ドビュッシーやリストが愛したピアノとしても有名です。また3大メーカーの中では、唯一アップライトピアノにも力を入れています。

ベヒシュタインのピアノの音は、「濁りのない透明感のある音」や、「響きの強さ」「音の立ち上がりの鋭さ」が特徴とされています。

ベヒシュタインの詳細を見る

シンメル

シンメルはドイツ最大手のピアノメーカーです。汎用性を追求することで、ピアノのラインナップを充実させてきました。注目するべきは小型ピアノとは思えない優れた音質と、オシャレで上品なデザインです。

技術力も高く、アップライトピアノのさらなる小型化や、クリスタルピアノやペガサスなど、斬新なデザインのピアノを作るメーカーです。

125年以上にわたりドイツで愛されてきたピアノメーカーです。

シンメルの詳細を見る

ボールドウィン

ボールドウィンは、アメリカ合衆国のピアノブランドです。元音楽教師だったD.H.ボールドウィンが、1873年に興したピアノ会社で、アメリカの音楽史を支えてきた歴史があります。

もともとはピアノの販売特約店で、実際にピアノが製作されはじめたのは1890年代からです。1889年から1890年に、ボールドウィンは「製造し得る限り最良のピアノ」を製造すると宣言し、その通りに1900年のパリで開かれた博覧会でグランプリを受賞し、1920年代には有名なメーカーとなりました。

表現力が豊かな音質で弾きやすく、アメリカのクラシック・ジャズ・ポップミュージックで活躍しているピアノです。

ボールドウィンの詳細を見る

ブリュートナー

1853年にドイツで誕生したブリュートナーは、C・ベヒシュタイン、ベーゼンドルファー、スタインウェイ・アンド・サンズと共に世界4大ピアノメーカーの1つに数えられる有名ピアノメーカーの1つ。

これまでに数多くの博覧会でグランプリを受賞するなど名声を獲得しています。そのため、愛用者も多く、イギリスやドイツ、オーストリア、デンマーク、ギリシャの皇室に納品されているほか、作曲家のドビュッシーが作曲する際に使用していたことで有名。

また、ポール・マッカートニーがビートルズの名曲、レット・イット・ビーの中で演奏していたのもこのブリュートナーです。

ブリュートナーの詳細を見る

ベテラン調律師さんのイチオシは「ペトロフピアノ」

国産も海外メーカーのピアノも沢山見てきたベテラン調律師さんが「一番のおすすめ」として紹介してくれたのはペトロフのピアノです。

輸入ピアノは高価なものが多く、手の届かないものも多いのですが、ペトロフピアノは高品質なのにもかかわらず、比較的良心的な価格での販売を行っています。

そして、ピアノの製造過程もすべてチェコ国内で職人さんの手によって作られているのもポイントです。(海外メーカーの中には、中国の大手メーカーに委託生産しているところもあるようです)

ピアノの外観も華やかで美しいモデルが多く、音色も木の暖かみを感じる自然な響きなので、ひと目惚れしてしまうお客さんも多いのだとか。

注意したいのは、輸入ピアノはきちんとメンテナンスをしてくれるお店で購入することが絶対条件だということ。

購入前に、必ずショールームで実物のピアノをチェックし、良い職人さんがいるかどうかを確認するようにしましょう。

すべてのメーカーを取りそろえる中古販売店が知りたい

いかがでしょうか?国内外にはさまざまなピアノメーカーがあり、その特徴もさまざま。ピアノを何台も所有できる人はごく僅かですから、吟味を重ねたいところです。

本サイトでは、上記メーカーのピアノをすべて取りそろえている中古販売店の情報をまとめていますので、ぜひ内容をチェックしてくださいね。

関東圏の中古ピアノ販売店BEST10
ピアノイメージ

東京からアクセス可能な中古ピアノ販売店をピックアップして紹介しています。良い中古ピアノは良い販売店にあり!ピアノの職人(専門家)が在籍する中古ピアノ販売店はどこ?

中古ピアノ販売店をチェック

ピアノの写真

中古ピアノの購入は、高い買い物なだけに、絶対失敗できません。おすすめの販売店とともに中古ピアノの選び方を紹介します。

中古販売店の選び方を
チェック