一生モノの中古ピアノに出会うための選び方とは

HOME » 中古ピアノの選び方4つのポイント » 弾き比べてみよう!

弾き比べてみよう!

中古のピアノは、必ず弾き比べをしましょう。良いショールームの選び方や、店舗でのチェック事項をご紹介します。

中古ピアノの選び方(4):ショールームで弾き比べる

ここまで3つの中古ピアノの選び方を紹介してきました。
自分に合ったものが絞り込めたら、販売店のショールームで目当てのピアノを弾き比べてみましょう。

中古ピアノの選び方(4):ショールームで弾き比べるピアノという楽器は、様々な要素で奏でる音色が大きく変わってくる面白い楽器。例えば、作られた年代やメーカー、メンテナンスの具合、調律の具合などが挙げられます。

色々なメーカーやブランドに触れ、自分好みのピアノとはどんなものなのかを探ってみるのも良いと思います。

それに、多種多様な中古ピアノを取り扱っているお店には、腕の良い職人さんがいる場合が多いというのもメリットです。普段から色々なメーカーのピアノに触れている人達なので、それぞれのピアノの特徴をよく知っています。

自分好みの音色やタッチを伝えれば、どういったものが合っているのかなどのアドバイスもしてもらえるでしょう。そういったお店であれば、アフターフォローやメンテナンスも安心してお任せできます。

つまり、取り扱っているピアノのブランド・メーカーが多い販売店、調律師や修理工のいる販売店を選ぶのが一番のおすすめです。

ショールームでのチェックポイント

複数のピアノを試弾すること

できれば事前にお店に連絡をしておくのがベスト。
来店日時と色々なピアノを試弾したい旨をあらかじめ伝えておけば、その日に合わせて調律・メンテナンスをしておいてくれるでしょう。

必ず88鍵のすべての音を鳴らしてみること

曲が弾けないから…とピアノに触れるのをためらう事はありません。
人差し指で押すだけでも良いですから、必ず全ての音を出して異常がないかを確認して下さい。

ピアノ内部のチェック

ピアノは響鳴板割れ・コマ割れを起してしまうと大掛かりな修理が必要になってしまいます。
気になるピアノがあったら、必ずピアノの内部を見せてもらうようにしましょう。木材の劣化や部品の錆、カビの有無などもしっかりチェックしましょう。

アフターメンテナンスの確認

購入後の調律やメンテナンスの内容・頻度・金額などを確認しましょう。
どんな方が調律や修理にあたってくれるのかも教えてもらうと安心です。

接客面

一方的なセールストークや他店批判、質問に対する答えが曖昧である等、気になる対応が多いお店はあまりおすすめできません。

ピアノに対する知識や愛情が深く、お客さんの立場に立って親身にピアノ選びをしてくれるスタッフのいるお店を探してみて下さい。