一生モノの中古ピアノに出会うための選び方とは

HOME » 中古ピアノの選び方4つのポイント » 国産と輸入どちらが良い?

国産と輸入どちらが良い?

国産ピアノと輸入ピアノの違いを詳しく調べました。ピアノを中古で買うときの選び方のひとつとして参考にしてください。

中古ピアノの選び方(1):国産ピアノと輸入ピアノの違い

私が体感・調査した国産ピアノと輸入ピアノの違いについて紹介します。
中古ピアノの購入を検討している人は、選び方のひとつとして参考にしてください。

国産ピアノの特徴

国産メーカーのピアノは、なんと言っても安定感が抜群です。

中古ピアノの選び方(1):国産ピアノと輸入ピアノの違い日本のメーカーはピアノを工業製品として扱う趣が強く、大量生産・安定した品質・手ごろな価格を実現している点がメリット。

ピアノは精密機械と同じで、鍵盤やアクションなどの各部品にゼロコンマ単位の精度が必要とされているものです。この点で言えば、日本メーカーはトップクラスの技術を持っています。そのため、音や鍵盤のタッチが均一で弾きやすく、調律やメンテナンスがしやすいとされています。

ただ、響版を短期間で人工的に乾燥させる製造工程からか、輸入ピアノに比べると音の響きが平面的で面白みがない…といった感想を持つ人もいるよう(これは、かなりの上級者の意見ですが…私にはあまり違いが分かりませんでした)。

国産ピアノの場合は音に個性が出にくい、というのが唯一のデメリットと言えるかもしれません。

輸入ピアノの特徴

欧米の有名メーカーのピアノは、材料となる木材は長い年月をかけて自然乾燥させたものを使用しているそうです。

この製造工程がピアノの音に何らかの影響を与えています。
国産メーカーのピアノよりも音の響きが良い・音が立体的・響鳴板の発する音が敏感で表現豊かな演奏を可能にしてくれるとも言われています。

ただし、海外メーカーのピアノは比較的扱いが難しい(一般向きでないものが多い)というデメリットがあります。例えば、価格が高額であること、純正部品の入手が困難でメンテナンスや修理が難しくなることなどが挙げられます。

国産・輸入の判断は目的に合わせて

  国産ピアノ 輸入ピアノ
価格 比較的安価 比較的高価
安定度 安定度バツグン 商品によってバラツキがあることも
音の響き 平面的と言われることも 表現力豊かと言われる
メンテナンス 修理・メンテナンスがしやすい 部品の入手が困難なことがある

このような特徴から見てみると、価格と品質のバランスが良い国産ピアノは、誰もが安心して購入できることがわかりますね。もちろん、輸入ピアノも信頼できる販売元からの購入であれば心配はいりません。

肝心な事は、国産・輸入どちらのピアノを選ぶにしろ、必ずショールームなどで実物を試弾した上で購入するかどうかを決めることです。