必見!中古ピアノの選び方なび

一生モノの中古ピアノに出会うための選び方とは

中古ピアノの選び方、全部おしえちゃいます

中古ピアノの選び方、全部おしえちゃいますピアノを中古で購入することを考えている人のために、正しい選び方を紹介します。ちょっとだけマニアックなことも書いてありますが、とっても大切なことなのでぜひ確認してくださいね。

まずは、あなたにピッタリのピアノをチェックシートで確認してみましょう。

子どもにピアノを習わせたい・奥さんがピアノを習いたい(趣味としてやりたい)。
あまり音量が大きすぎると近所が気になってしまう。
長く愛用したい。音質にもこだわりたい。
やっぱり国産が安心。

このチェック項目に当てはまるなら、“ねらい目”となる中古ピアノはただひとつ。
60~70年代に作られた、国産のアップライトピアノです。

この時代は、まさに日本におけるピアノ黄金期。当時、ピアノブームで浜松の景気が良くなり、生産台数が伸びて高品質なピアノが作られていたのです。さらに腕のいいピアノ職人が多数いて、木材の質も良かったことなどから音色やタッチの良さも格別!

アップライトピアノを推す本当の理由

アップライトピアノを推す本当の理由あまり知られていませんが、実はアップライトはグランドピアノと比べても音質はそれほど変わりません(もちろんしっかりメンテナンスされていることが前提)。

性能面で言うと、数あるクラシックの名曲において、アップライトピアノで弾けないものはないと言われています。

価格も控えめで、サイズの面でも扱いやすくなっています。

グランドピアノの特徴は音量が大きいこと。広いコンサートホールで会場の隅々まで音を届けることができます。逆に、一般の家庭では音量が大きすぎるかもしれません。また、グランドピアノを購入した人は「必ず弾く人」です。中古市場においては、かなり使い込まれたものがほとんどと言えるでしょう。

ショールームで弾き比べよう

購入前には、必ず販売店のショールームに行き実物を試弾してみて下さい。
というのも、ピアノは1台として同じものがないから。ネットや電話で販売員の方から説明を聞くだけでは、そのピアノを正確に把握することは難しいのです。

ショールームに行くことで次のようなメリットがあります。

  • どんなお店で、どんなが、どんな風にピアノを扱っているのかを確かめられる。
  • 実物に触れることで、メンテナンスや調律の腕が確かかどうかを確かめられる。
  • 複数のピアノを弾き比べることで、ピアノを見る目・聞く耳が養われる。結果として、本当に良いピアノを入手することに繋がる。

中古ピアノの選び方の極意は、良いお店(職人さん)を探すこと。当サイトでは、オススメの販売店をピックアップしてBEST5を発表しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

自分に合った中古ピアノが見つかる販売店BEST5

関東エリアでイチオシのショールーム

昭和楽器のHP画像関東エリアの販売店でおさえておきたいのは、昭和楽器のショールーム

国内・海外メーカー、新品・中古、すべてのピアノが900坪の広大な敷地のショールームに並びます。こちらの中古ピアノは新品同様に綺麗で、音も他店のものとは全然違います。腕の良い職人さんがいることで有名なので、「一生ものにできるピアノを買いたい」という人に特にオススメ!

「中古ピアノは古臭い感じがして抵抗がある」という人もいるかもしれません。

ですが、実はピアノという楽器古ければ古いほど高品質なものが多いとも言われているのです(実物を試弾すれば一目瞭然です)。

70年代ヤマハピアノの名器「白ねこの脚」写真→のヤマハピアノは70年代に作られたものですが、白のネコ脚でとても可愛いので管理人のお気に入りです。

他にも、フリッツクーラーなどの国産ピアノは専門家の間でも人気のあるピアノでおすすめ。中古だからといってあなどるなかれ、音の響きは新品のグランドピアノよりも良かったりしますよ(最近の新品ピアノは中国で生産されていますしね)。

ピアノを中古で検討している人は、ぜひ昭和楽器に着目してみてください。ショールームでは、自分に合った選び方のアドバイスもしてもらえますよ!

中古ピアノ専門店「昭和楽器」のホームページへ